ワイン造りの奇跡、ワイヘキ島

オークランドのウォーターフロントからフェリーで30分。ポケットサイズしかない観光リゾートの島ワイヘキ島が、赤ワイン醸造で傑出した島に変貌した。なにせリリースした途端に同国最高値が付くワインを産出するまでになったのである。その秘訣は何より土壌の適性。そして高温ながら乾燥した空気と潮風の冷気、少ない降雨による。人口七千人の島で、内千人が毎日フェリーでオークランドへ通う。海岸まで丘陵が急傾斜で滑り落ち、狭く波打った島に小規模なワイナリーが25余り造られている(殆どが見学すら出来ない)。

 

この地に大手ワイナリーのチーフワインメーカーの名誉と職を擲って、昨年自分のワイナリーを築いた人物がいて、元旦に招待を受けた。まだ貯蔵庫やセラー、ワイナリーの建物も設計の段階で、来年シャルドネーを初めてリリースする。この経歴と技量、そして土壌に適したワイン醸造の哲学は、ワイヘキ島に新たな感動を巻き起こすであろう。非常に有為なワイナリーが完成した暁には、その感動をわが国に届けることを願っている。

<<

ニュージーランドワイン発祥の地
そして繁栄の地ホークスベイ

ワイン旅行記トップ >>

ページトップ