きのこと栗と砂肝のソテー かぼちゃのピュレ添え

金木犀の薫る季節となりました。ひと雨ごとに寒くなっていきますが、体調管理はいかがでしょうか?赤ワインが飲みたくなる季節になってまいりました!

10月といえば、ハロウィンですね!オレンジのかぼちゃのお化けは、いつ見てもキュートであまり怖くないところが魅力・・?
そのかぼちゃの食欲をそそるオレンジ色は、β−カロチン、α−カロチンで、緑黄色野菜の代表格とも言えましょう。
このカロチンの一部は、体内でビタミンAに変わり、ビタミンCと作用して粘膜を保護します。
また、同じく豊富に含まれるビタミンB1、B2は代謝をよくしてくれるため、風邪予防の効果が期待できます。

また、コレステロールを抑制したり、便秘予防に効果的な食物繊維や、高血圧予防の効果が期待できるカリウムも、豊富に含まれています。
カロチンは脂溶性のビタミンですので、今回のメニューのように、油脂と一緒にとると、吸収率がupしますよ!

| きのこと栗と砂肝のソテー かぼちゃのピュレ添え |

●栄養価●

(1人分)
エネルギー 506kcal

●材料・分量(2人分)●

かぼちゃ 

正味200g

ブイヨン(固形)

1個(4g)

200cc

1g

こしょう

少々

ナツメグ

少々

皮付きかぼちゃ(飾り用)

100g

生むき栗

200g

砂肝

300g

しめじ

100g

まいたけ

50g

エリンギ

100g

えのきだけ

100g

生しいたけ

50g

オリーヴオイル

大さじ1(13g)

にんにく

1片

小さじ1/2(2.5g)

こしょう

少々

イタリアンパセリ

適宜

ナツメグ(ホール)

適宜

 

●作り方●

  1. かぼちゃは水200ccにブイヨンを加えたもので、やわらかくなるまで煮る。煮あがったら、ピュレ状になるまでつぶし、塩、こしょう、ナツメグで味を調える。
  2. 生むき栗は沸騰した湯にやや多めの塩を加え、かために茹でて、水気を切っておく。
  3. 皮付きのかぼちゃは、1.5cm角に切り、蒸しておく。(レンジでも可)
  4. 砂肝は下処理し、食べやすい大きさにスライスしておく。しめじ、まいたけ、えのきは小房にわけ、エリンギ、生しいたけはスライスする。
  5. フライパンににんにくのスライスとオリーヴオイルを入れ、火にかける。香りがたったら、砂肝を炒める。火が通ったら、きのこ類を加え、強火で一気に炒め、塩、こしょうで味を調える。
  6. 皿にかぼちゃのピュレを敷き、Dを盛りつける。周りに飾りの皮付きかぼちゃを配し、イタリアンパセリのみじん切りを散らす。
  7. 食べる直前にナツメグをすりおろして頂く。

●ポイント・コメント●

きのこ類は、お好みのもので分量をそろえれば大丈夫です。ナツメグはぜひ、おろしたてのものをふりかけてみてください!ワインとの相性が抜群です!

UNISON
ボルドータイプの素晴らしい赤ワイン

ユニソンはニュージーランド・ホークスベイ・ギムブレット・グレイヴェルズ地区で造られるボルドータイプの素晴らしい赤ワインです。
日本に入荷した頃は香りがなかなか開かず、少し気難しいワインでしたが、今回味わってみて劇的な変化に正直驚きました。
まろやかで調和が良く取れていて、凝縮した黒いベリーの香りがたっぷりと感じ取れ、上品な印象に仕上がっています。

おいしく赤ワインを飲むためには常温で飲むよりも、飲む直前に冷蔵庫にほんの少し入れてちょっとだけ温度を下げて飲んでください。
そして、たっぷりと香りを溜めることの出来る大きいワイングラスでいただきましょう。
ワインパートナー取り扱いのワイングラス「トップテン 赤フルボディータイプ」は一流のソムリエ達の英知を結集してデザインされ、ワインをおいしく飲みたい人のためのワイングラスとして老若男女幅広く愛されています。

知人の娘さん(高校生)は他のワイングラスとの味の違いに大いに驚き、感動されたそうです。

ワインのお供には「きのこと栗と砂肝のソテー かぼちゃのピュレ添え」をどうぞ。
きのこと砂肝のコリコリとした触感、かぼちゃピューレのまったり感、いろいろな触感が楽しめてワインもさらさら無くなります。

作成:管理栄養士
宮川純子

宮川 純子 Junko Miyakawa
熊本県立大学生活科学部食物栄養学科卒業。
熊本大学大学院教育学部家庭科教育学科食物学専攻修了。
埼玉県上級職員栄養士として
埼玉県精神保健センター、埼玉県草加保健所勤務。
退職後フリーの管理栄養士として病院や保健相談所の栄養指導業務に携わる。
2004年4月より、某女子大学の管理栄養士養成専攻で助手として勤務。
管理栄養士、教育学修士、中学校・高等学校家庭科教諭専修免許取得、調理師、ワインエキスパート。

シニア・ワインアドバイザー
高橋珠子

高橋 珠子 Tamako Takahashi
獨協大学外国語学部ドイツ語学科卒業後、家業の酒屋に従事し、ワインに目覚める。'99年に(社)日本ソムリエ協会公認ワインアドバイザー取得。’05年5月シニア・ワインアドバイザー資格取得。現在東京都大田区在住の主婦4年生。ワインスクールでのアルバイト、試飲販売等でワイン業界の底辺をうろうろ活躍中。幼少の頃からお酒に親しみ、清酒の包装紙でぬり絵をし、ビール箱群はジャングルジム替り、初めてのカクテルは7歳のときに自分で作った抹茶ミルク。将来は笑いと癒しの食事処の経営を夢見ている。

<< カジキのグリエ カラフルマンゴーソース

ブルーチーズと胡桃のリゾット
姫りんごのコンポート添え

>>

ページトップ